膜誌論文賞

膜誌論文賞

 

 日本膜学会では、膜学の研究および技術の振興と発展を促し,日本における膜学の
発展に資することを目的として、学会誌「膜」に投稿された優秀な論文を顕彰するた
め論文賞を設けております。膜誌に掲載された原著論文の中から、審査委員会におい
て厳正な審査を行い、発行巻毎に研究領域(人工膜、生体膜・境界膜)に分けて選考
いたします。会員の皆様からの積極的な投稿をお待ちしております。

一般社団法人日本膜学会会長 後藤雅宏

 

■2019年発行膜誌論文賞

<生体膜・境界領域>
小坂秀斗、中田孝広、田島史郎、上田太郎、後藤雅宏 “逆ミセルによる高分子生理活性物質の経皮吸収促進”, MEMBRANE44(3), 130-135 (2019)

<人工膜>
藤村 侑、川勝孝博、岡田恵丞、吉岡朋久 “水中におけるシリカナノ粒子の高分子膜表面への付着挙動の分子シミュレーション”, MEMBRANE44(4), 192-198 (2019)

 

■2018年発行膜誌論文賞

<人工膜>
永谷 剛, 佐々木貴明, 斎藤恭一, “電子線グラフト重合法によるポリエチレン基材製塩用イオン交換膜の製造(その3)1 価イオン選択透過性能をもつ陰イオン交換膜”, MEMBRANE43(5), 231-237 (2018)

 

■2017年発行膜誌論文賞

<生体膜・境界領域>
伊藤実紀子, 新敷信人, 高桑雄一, "保存赤血球におけるATP濃度とホスファチジルセリン表在化赤血球率の検討", MEMBRANE, 42(4), 153-157 (2017)

<人工膜>
原谷賢治, 吉宗美紀, "スィープ式向流型膜モジュールを用いた高効率ガス分離プロセスの設計", MEMBRANE, 42(5), 213-220 (2017)

 

■2016年発行膜誌論文賞

<生体膜・境界領域>
Hiromi Minbu, Tomoyuki Kawase, Akihito Ochiai, Masayuki Taniguchi, Takaaki Tanaka, "Preparation of a Poly(L–Lactic Acid) Membrane Scaffold with Open Finger–Like Pores Prepared by a Nonsolvent–Induced Phase Separation Method with the Aid of a Surfactant", MEMBRANE, 41(6), 304-310 (2016)

<人工膜>
Bo Liu, Izumi Kumakiri, Kazuhiro Tanaka, Xiangshu Chen, Hidetoshi Kita, "Preparation of Rho Zeolite Membranes on Tubular Supports", MEMBRANE, 41(2), 81-86 (2016)

 

■2015年発行膜誌論文賞

<生体膜・境界領域>
Yuki Takechi, Yuto Shintani, Daiki Kimoto, Emiko Okamura, "Regulation of Phospholipid Protrusion in the Cell Sized Vesicle by Hydrophobic Bisphenol A", MEMBRANE, 40(1), 38-45 (2015)

<人工膜>
三野泰志, 香川裕輔, 石神 徹, 松山秀人, 界面活性剤存在下におけるO/Wエマルションの膜細孔透過シミュレーション, MEMBRANE, 40(3), 155-160 (2015)