第27巻(2002年)の総目次

総 目 次

   

医療分野における膜研究   …………………………………………………………………………………………    樋口亜紺       1

第1回 ASEANIAN 膜会議によせて:「まく」、「膜」、"membrane" ……………………………………………              大木和夫       57

Nafion登場の70年代:次の四半世紀に残る膜を   ………………………………………    西出宏之       107

カルチャー・ショック   ……………………………………………………………………       大島広行       163

生体膜シンポジウム「肺?そのユニークな構造と機能」に参加して   ………………              上坂伸宏       215

全体シンポジウム「生体膜と人工膜の接点」に参加して   …………………………           半田哲郎       295

総 説

バイオ医薬品からのウイルス感染防止対策用ウイルス除去膜とその新展開                 真鍋征一       2

血液透析膜,  血漿分離膜並びに血球分離膜の現状と今後の展望    …………………    大野邦夫       9

人工腎臓用膜の現状と新展開   ………………………………………………………       上阪 努           16

医療分野における膜の新展開   ………………………………………………………           清田由紀夫    23

再生医療における人工膜の役割と新展開   ……………………………………………       樋口亜紺       32

細胞膜分子の膜骨格による組織化機構:一分子法によるアプローチ

 …………………………           村瀬琴乃・Ken Ritchie・藤原敬宏・飯野亮太・中田千枝子・楠見明弘    58

細胞膜リン脂質のダイナミズムを介した膜と細胞骨格のクロストーク         榎本和生・梅田真郷              67    イノシトールリン脂質(ホスホイノシチド)によるアクチン細胞骨格系の制御   ………           伊藤俊樹       74

細胞表層骨格ダイナミックス   ……………………………………………………………       宮田英威       83

高分子荷電膜の輸送現象   …………………………………………………………              岡田達弘       108

有機無機複合耐熱型高分子電解質膜   ……………………………………………              本間 格           118

直接メタノール燃料電池用電解質膜の現状と新展開   …………………………………       山口猛央       124

新しいプロトン伝導高分子電解質膜   ………………………………              宮武健治・渡辺政廣              131

燃料電池のためのフッ素系プロトン伝導膜の開発   ……………………    寺田一郎・中尾 眞              139

細胞シート工学:肺細胞の培養と再生医工学への応用   ……………………………       大和雅之       216

Ion Transport in the Lung Alveolar Epithelium   ……              Yoshinori Marunaka and Naomi Niisato    221

肺サーファクタントの界面化学的性質   ………………………………………………           上野 實           233

自然免疫における肺胞マクロファージの組織特異的性格      杣 源一郎・稲川裕之・河内千恵              244

人工膜材料を利用した生体組織工学   ………………………………………………       田畑泰彦       296

古細菌モデル糖脂質の膜特性とそのバイオテクノロジー分野への応用   …………              馬場照彦       303

精妙な生体膜のはたらきとナノバイオマテリアルの開発   ………………………………       藤本啓二       310

膜構造によるアポリポタンパク質の機能制御   …………………………………………           斎藤博幸       317

日本膜学会第24年会特別講演総説

膜物性による生体膜機能の制御:測るから見るへ   ……………………………………       大木和夫       164

膜と荷電基-生体系から電池まで-   ……………………………………………………       谷岡明彦       170

日本膜学会膜学研究奨励賞受賞論文

濃縮水昇圧2段法海水淡水化逆浸透プロセス・解析技術の確立   ……………………       谷口雅英       180

多成分系高分子膜の構造と有機液体混合液の透過分離特性に関する研究   ………           宮田隆志       188

原 著

上皮膜輸送のグラフ表現   ………………………………………………………………              今井雄介       39

キレート多孔性膜を用いる有機ゲルマニウム化合物p.t-CEtGeOの回収

  …………………   岡村大祐・斎藤恭一・杉田和之・佐藤克行・秋葉光雄・玉田正男・須郷高信              46

逆ミセルを用いる遺伝子変異の検出   ………………………    朴 連春・後藤雅宏・古崎新太郎              89

膜タンパク質の膜間移行現象を利用した人工膜ワクチン調製法の検討

  ……………………………………………………              横田 賢・玉木慎也・ 林 京子・上野雅晴       94

導電性中空糸膜電極の電気化学的応答特性と糖類の電気化学検出への応用

  …………… 五十嵐治・宇都正幸・井上貞信・星 座・菅原俊継・木村主幸・三澤顕次・有沢準二       145

放射線グラフト重合法におけるグリシジルメタクリレートモノマーのアルコール溶媒がカチオン交換多孔性膜の性能に及ぼす効果………………………           岡村大祐・斎藤恭一・杉田和之・玉田正男・須郷高信       196

レクチンの認識機能を有するハイブリッド型リポソームの調製

  ………………………………………………通阪栄一・吉永武史・後藤雅宏・上岡龍一・古崎新太郎    202

Cryoprotective Effects of Saccharides on the Freeze-Drying of Sonicated Vesicles of theLipid A Analog, E5531

  ………………………………………………………………………………………………………………              Yasuyuki Asai   276

Characterization of Solid Supported Membranes by Dielectric Spectroscopy:Incorporation of Channel Forming Peptides…………………………              Koji Asami, Tomoko Yokoi and Machiko Sakoh              282

非対称多孔質ガラス膜の調製と精密ろ過における膜構造の効果  
………………       久木崎雅人・中島忠夫・清水正高              324

スフィンゴミエリナーゼによるスフィンゴミエリンからセラミドへの変換に伴う膜構造と膜物性の変化

  ………………………………………………………………………              和田多美子・大木和夫           331

製品と技術

中空糸型ウイルス除去用プロセスフィルター「Planova(r)」    …………………………………………………           奥山和雄       52

ガスクロ法を用いたガス・蒸気(水蒸気・VOC蒸気)・液体等透過率測定装置

   ………………………………………………………              杉本正夫・坪井尚弘・辻井弘次              101

全自動型気体透過率計測装置   ………………………………………………………    竹本信一郎    159

下水用低ファウリング逆浸透膜  ……………              井上岳治・杉田和弥・井坂弘明・房岡良成              209

全反射蛍光顕微鏡システムについて   ……………………………………………………    阿部勝行       290

高精度比表面積細孔分布測定装置および2成分ガス吸着装置の開発

  ………………………………………………              仲井和之・其田穣次・家上治雄・直野博光              337

技術報文

Effect of Gas-Liquid Ratio on the Membrane Flux in Activated Sludge Process

  ……………………       Shigeki Sawada, Kazuo Suzuki, Kunihiro Iwasaki and Kanji Matsumoto              151

ICOM2002

ICOM 2002に出席して   ……………………………………………………………………    野澤義則       252

Plenary Lecture(Richard  Baker)……………………………………………………              中尾真一       253

Plenary Lecture(中尾真一) ……………………………………………………………       中尾真一       253

Plenary Lecture(M.Lehn)   ………………………………………………………………    吉川正和       254

Student Paper Contest   ……………………………………………………………              吉川正和       255

Session1    ………………………………              金森敏幸       255

Session2    ………………………………              松山秀人       256

Session3    ………………………………              金森敏幸       257

Session4    ………………………………              喜多英敏       257

Session5    ………………………………              松井誉敏       258

Session6    ………………………………              山口猛夫       259

Session7    ………………………………              都留稔了       259

Session8    ………………………              S.P.kusumocahyo              260

Session9    ………………………………              吉川正和       260

Session10    ………………………………              高木良助       261

Session12    ………………………………              市村重俊       262

Session15    ………………………………              比嘉 充           263

Session16    ………………………………              市村重俊       264

Session17    ………………………………              市村重俊       264

Session19    ………………………………              都留稔了       265

Session21    ………………………………              都留稔了       265

Session22    ………………………………              松山秀人       266

Session24    ………………………………              川上浩良       267

Session25    ………………………………              松井誉敏       268

Session28    ………………………………              樋口亜紺       268

Session29    ………………………………              樋口亜紺       268

Session30    ………………………………              都留稔了       269

Session31    ………………………………              比嘉 充           270

Session32    ………………………………              市村重俊       270

Session33    ………………………………              中村一穂       271

Session34    ………………………………              中村一穂       271

Session35    ………………………………              中村一穂       272

Session36    ………………………………              松山秀人       272

Session37    ………………………………              近藤和生       273

Session39    ………………………………              樋口亜紺       274

Session40    ………………………………              山口猛夫       274

Session41    ………………………………              高木良助       275             

トップページへ戻る