第26巻(2001年)の総目次

膜 (MEMBRANE) 第26巻(2001)
総目次・執筆者索引
1( 1月)号 特集:21世紀膜科学への期待(担当:清水剛夫)  1~64頁
2( 3月)号 特集:膜とガス膜透過と膜分離の進展(担当:稲葉 睦)  65~108頁
3( 5月)号 特集:膜の構造制御と機能(担当:寺本正明)  109~162頁
4( 7月)号 特集:日本膜学会第23年会特別講演・研究奨励賞受賞論文(担当:谷岡明彦) 163~192頁
5( 9月)号 特集:膜による水処理システムを考える(担当:中尾真一)  193~234頁
6(11月)号 特集:情報素子としての生体膜およびその模倣技術の開発(担当:高桑雄一) 235~268頁
総 目 次
巻頭言
新しい世紀を迎えて ………………………………………………宮嶋孝一郎 1
細胞膜の病態 ………………………………………………………稲葉 睦 65
膜の構造制御と機能-経験からサイエンスへ-  ……………寺本正明 109
新世紀の潮流とは ……………………………………………… 谷岡明彦 163
膜技術の研究開発と実用化 ………………………………………中尾真一 193
膜の研究者は育っているか? ……………………………………高桑雄一 235
総  説
膜蛋白質の生理機構 ………………………………………………稲葉 睦 31
分子インプリント …………………………………………………吉川正和 39
タンパク質介在の細胞膜ガス輸送 ………………………………藤瀬 浩 66
生体膜とガス ………………………………………………………塚本郁子 72
ガス分離用人工膜の進展 …………………………………………原谷賢治 79
相転換法による膜構造制御 ………………………………………川上浩良 110
熱誘起相分離法による多孔膜の作製と微細構造制御 …………松山秀人 116
無機マイクロポーラス膜の微細構造制御と透過性能 …………………野村幹弘・山口猛央・熊切 泉・中尾真一 124
細胞膜の微細構造と細胞活動 ……………………………………宮田英威 134
水道における膜利用 ………………………………………………澤田繁樹 199
膜分離活性汚泥法の廃水処理への適用 …………………………大熊那夫紀 207
物質の進化系統樹における膜の位置付け ………………………飯田一浩 237
脂質膜を用いた味覚センサー ……………………………………都甲 潔 244
日本膜学会第23年会特別講演・総説
細胞膜を内側から眺める:膜骨格の機能とその調節 …………高桑雄一 164
置換ポリアセチレン膜の創成, 特性, および機能 ……………増田俊夫 171
日本膜学会膜学研究奨励賞(2001)受賞論文・総説
ナノ分子集合体逆ミセルの生物工学的応用 ………………………後藤雅宏 179
講演録
水資源の有効利用と膜による水処理システム ……………………中尾真一 194
下水再生利用分野における膜の適用技術 ………鬼塚卓也・上野孝司・杉本和明 216
MF・UF膜によるRO海水淡水化の前処理 ……………………川崎睦男・河田一郎・廣瀬雅彦・小原知海・廣 敦 221
神経-グリア細胞系におけるカルシウム波とカルシウム振動:その測定と発生機構 …佐野雅己・中村秀樹・吉田 篤 251
解  説
延伸法によるPTFE膜の構造制御と機能 …………………谷垣昌敬・奥田泰弘 141
総  括
生体膜シンポジウム「情報素子としての生体膜およびその模倣技術の開発」の概要…………吉見靖男・大木和夫 236
原  著
導電性中空糸膜による大腸菌O 157からのベロ毒素遺伝子の抽出
 …………………………………………………………………菅原俊継・木村主幸・三澤顕次・有澤準二・五十嵐 治 46
ATO分子集合体でのRhizopus delemarリパーゼによる加水分解における反応条件と速度パラメーター
 ……………………………長山和史・山川はるか・土居俊房・今井正直 52
逆ミセル有機溶媒における電気的パーコレーション現象とタンパク質の可溶化状態 …………直江一光・松本千春・森井清二・熊野早紀・河越幹男・今井正直 86
2段膜分離法による3成分混合気体からの中間透過成分の回収シミューレション ……………………………………都留稔了・宮下礼子・中尾真一・原谷賢治 95
不織布上へのポリイミド非対称膜の作製 ………………………荒井純子・松田博行・柳下 宏・北本 大・中根 尭・原谷賢治・井手本 康・小浦延幸 148
Pervaporation Separation of MeOH/MTBE with Hydrophilic Polymer/Agarose Blended Membrane ……………………………………………Masakazu Yoshikawa・ Takahiro Yoshioka・ Junko Fujime・Akira Murakami 259
短  報
Pervaporation of Aqueous Organic Mixtures Through
Agarose Membranes ………Kumiko Masaki・Masakazu Yoshikawa 155
Selective Recognition and Permeation of Bisphenol A with Molecularly Imprinted Polyamide Membranes …………………Masakazu Yoshikawa・Yasuko Asano・Michael D.Guiver 185
Egg Shell Membranes for Chiral Separation …………………………………………Yoshiko Kondo・Masakazu Yoshikawa 228
製品 & 技術
水面上単分子膜及びLB膜の直接観察 ……………………………………原 勝平 60
蒸気透過法を用いる有機溶剤脱水システム ………………菊地政夫・楠木喜博 104
中空糸型限外ろ過膜除濁装置 ………………………………宮崎泰光・阿瀬智暢 158
高性能セルローストリアセテート(CTA)血液浄化膜 ……加藤典昭・櫻井秀彦 189
新規極超低圧ナノフィルトレーション(NF)膜 …井上岳治・村上睦夫・房岡良成 231
表面ブラズモン共鳴装置 …………………………………………………西村知晃 265 
  
トップページへ戻る