膜誌論文賞

膜誌論文賞

 

 日本膜学会では、膜学の研究および技術の振興と発展を促し,日本における膜学の
発展に資することを目的として、学会誌「膜」に投稿された優秀な論文を顕彰するた
め論文賞を設けております。膜誌に掲載された原著論文の中から、審査委員会におい
て厳正な審査を行い、発行巻毎に研究領域(人工膜、生体膜・境界膜)に分けて選考
いたします。会員の皆様からの積極的な投稿をお待ちしております。

 

日本膜学会会長 松山 秀人

 

■2016 年発行膜誌論文賞

<生体膜・境界領域>
Hiromi Minbu, Tomoyuki Kawase, Akihito Ochiai, Masayuki Taniguchi, Takaaki Tanaka, "Preparation of a Poly(L–Lactic Acid) Membrane Scaffold with Open Finger–Like Pores Prepared by a Nonsolvent–Induced Phase Separation Method with the Aid of a Surfactant", MEMBRANE, 41(6), 304-310 (2016)

<人工膜>
Bo Liu, Izumi Kumakiri, Kazuhiro Tanaka, Xiangshu Chen, Hidetoshi Kita, "Preparation of Rho Zeolite Membranes on Tubular Supports", MEMBRANE, 41(2), 81-86 (2016)

 

■2015 年発行膜誌論文賞

<生体膜・境界領域>
Yuki Takechi, Yuto Shintani, Daiki Kimoto, Emiko Okamura, "Regulation of Phospholipid Protrusion in the Cell Sized Vesicle by Hydrophobic Bisphenol A", MEMBRANE, 40(1), 38-45 (2015)

<人工膜>
三野泰志, 香川裕輔, 石神 徹, 松山秀人, 界面活性剤存在下におけるO/Wエマルションの膜細孔透過シミュレーション, MEMBRANE, 40(3), 155-160 (2015)